整形外科クリニックでの診察とリハビリ


もう10年ほど前のことですが、どうしても薄毛治療は話題の大阪でAGAのマンションの階段を下りた時に足をすべらせ、尻もちを付いたことがあります。とっさに両手をついて支え、すぐに立ち上がることもできたので、特にけがもなく安心…と思っていられたのはその日だけでした。翌日から、急ぎ足で歩いたり、小走りになると腰に痛みを感じるようになったのです。痛みはだんだんひどくなっていき、整体に詳しい友達に相談すると、近所の病院でよいから、レントゲンをとって診察してもらうようアドバイスされました。風邪を引いた時にいつもお世話になるクリニックはありますが、整形外科関係のクリニックは心あたりがありません。ここで評判の工務店を探すとこの青梅ではネットで調べると駅をはさんだ反対側に、リハビリの設備が充実している整形外科クリニックがあり、仕事帰りに訪れました。症状を話して診察を受け、レントゲンを撮ってもらうと、転んだ時の衝撃で腰の靭帯が伸びているとのこと。湿布をしたら治る、というものではないので、しばらくリハビリに通いながら、2週間に1度ほど診察にも通いました。週に2度ほどリハビリを続け、約2か月通って、何とか正常に戻りました。あの粉瘤のことなら京都でもここ以外には思いがけないケガでいろいろ大変でしたが、リハビリのトレイナーさんからストレッチの方法も教わり、今も時々実行しています。