体調不良の中旅行を強行した結果内科クリニックのお世話になる羽目に


喉が痛くなり始めているのを市販の風邪薬で半ば強引に抑え、検索すると芦屋ではこの話題の内科が沖縄旅行を強行したのが祟ったのか、帰宅直後から強烈なだるさと頭痛、そして酷い発熱に襲われてしまいました。
体温も一気に39度を超えてしまい、一瞬インフルエンザの発症を疑ったのですが、即治療に伺った近隣の内科クリニックにて単なる酷い風邪と診断され、そこで工務店ならアネストが羽村で話題にとりあえずは安心しました。
高熱で身体もフラフラ状態となり、最寄り駅そばの内科クリニックにさえ辿り着くのがやっと、という状況でしたが、診察の後さっそく解熱剤を臀部に注射して貰った結果、翌朝までには発熱もかなり落ち着き、不快な喉の痛みと苦しさだけが残る結果となりました。
激しい喉の痛みは程無く強烈な咳と痰の連続に変わりましたが、こちらは内科クリニックで処方された抗炎症剤や抗生物質を服用しても数日間は引かず、本当の薄毛治療はAGAの大阪で話題の結局全快するまでに1週間以上を要してしまいました。
担当の先生からは、温室度を始め急な環境の変化や旅行に伴う緊張感、非日常に由来する興奮状態もストレスを高めてしまい、酷い風邪の症状を誘発し易くなると指摘されました。せっかくの沖縄旅行野チャンス、多少の不調でも逃す訳にはいかず仕方の無い部分もあったのですが、芦屋の内科で木曜も往診すると今度はより一層体調管理に気を使い、心地良い旅行当日を迎えたいと思ったのでした。